事業目的

板橋区と連携し、経済面や家庭・学習環境に困りごとを抱えた子ども及びその保護者を対象に、子どもの学習や居場所支援、世帯への相談支援を実施し、高校進学及び卒業を支援することで、就職や進学等将来の可能性や選択肢の幅を広げ、貧困の連鎖を防止・解消する。


学習支援教室について

◇対象と目的◇

小学6年生:小学校の学び直し、中1ギャップ解消のための英語・数学の入門

中学1・2年生:学習習慣の定着、学習意欲及び基礎学力の向上

中学3年生:高校進学に向けた学習支援

高校に行っていない(中退・不登校等)15歳~18歳:再入学のための学習支援

注意)学校に通えている高校生は学習支援の対象ではなく、居場所のみ利用可能です。

 

家庭・学習環境、本人が抱える課題等、様々な理由から授業についていけない・クラスに馴染めない・不登校、自学自習が難しい等の小学校6年生から高校進学を目指す中学生と、高校に再入学を希望する15~18歳を対象に、一人ひとりの学力や状況に応じた学習のサポートを行います。

こども支援員と大学生や社会人の学習ボランティアが学習をサポートします。 


居場所について

対象:小学生からおおむね18歳まで

家庭や学校以外で、安心して学校や友だち、進路や将来のことを相談できる場です。

ゲームやインターネット、パソコン練習をすることもできます。また、学び・体験合宿やボランティア活動、食事づくり(月1回)など、いろいろな体験活動ができます。

※参加するイベントによっては対象が限定されます。


訪問支援について

事情により来所が難しい場合、こども支援員がご自宅等に訪問し、保護者やお子さまに直接まなぶーすについて利用説明をしたり、利用登録後まなぶーすに通えなくなった、子どもについて相談されたい場合等、相談・訪問支援をご利用いただけます。